葉酸サプリとピルの飲み合わせは大丈夫?

葉酸は貧血や色々な病気の予防に有効で、健康を維持するために欠かせない栄養素です。また、妊活を始めた方や妊婦さんや赤ちゃんの健康には特に高い効果が発揮されることでも知られています。ピルは排卵を抑えて妊娠を防いだり月経を軽くする目的でも使われますが、妊活にも有効であることが最近は広まってきています。

どちらも妊活に有効ですが飲み合わせはどうなのでしょうか?問題はないか確かめてみましょう。

葉酸サプリの効果

葉酸サプリは体にとてもいい効果があり、妊婦や赤ちゃんの健康にも欠かせない葉酸を補給できるサプリになります。葉酸は造血ビタミンとも言われていて血液や細胞を作ってくれる力があり、貧血を予防してくれます。また、血液の中の悪い成分を退治してくれるのでさまざまな病気を予防してくれるという効果があり、男性でも女性でも葉酸を摂っておくと健康な体を維持することができるのです。

体にとてもいい効果がある葉酸ですが、妊活を始めた女性や妊婦、赤ちゃんにとっては特に重要な栄養素になります。葉酸は血液や細胞を作る手助けをしてくれますが、この力が子宮を整えて赤ちゃんを授かりやすい状態にしてくれるのです。

また、赤ちゃんの体に悪影響が出やすい時期は子宮に宿った直後から妊娠10週ほどとなっています。妊活を始めた直後から葉酸を摂り始めれば赤ちゃんを授かりやすくなり、宿った赤ちゃんの健康も守ってくれます。普段は葉酸は食事でとる分だけで充分健康が維持できますが、妊活を始めた女性と妊婦さんは普段よりも多くの葉酸が必要になるため、葉酸サプリで補充しておくことが大切です。

妊活を始めたら葉酸サプリを飲み始めて、授乳が終わるまで飲み続けることが勧められています。また、妊活を始めたら男性も葉酸を摂取すると効果があると言われています。葉酸の細胞や血液を作る力が精子にも上手く働いて健康な精子を作ってくれるので、赤ちゃんの健康が守られます。

葉酸サプリを男女で摂り、女性だけでなく男性も関わることが妊活には大切です。

ピルの効果

ピルの正式名称は低用量ピルと言われ、月経周期をコントロールして排卵を一時的に抑えるために使われます。もともと経口避妊薬という触れ込みで世に出たので避妊具なしでの性交に使用する薬と認識される方が多いですが、妊活でも高い効果を発揮します。

低用量ピルは毎日服用することになり、飲み続けている間は28日周期で月経が起こるようになります。低用量ピルを飲んでいると排卵がストップしますが、低用量ピルをやめた直後は質のいい卵子が排卵されることがわかっています。

妊活では基礎体温を測定して生理周期を把握しておき、低用量ピルを使って排卵をストップさせるという使い方がされています。産婦人科などの低用量ピルを扱っているクリニックで処方してもらうついでに、基礎体温の測り方やどのタイミングでピルを飲むのをやめればいいのかなど聞いておくと安全で高い効果が期待できます。

自分の生理周期を把握しておけば大事な用事がある日に低用量ピルを飲んで生理周期をコントロールして、体調を良くして用事を済ませるという使い方もできます。スポーツ選手などは基礎体温を測定して、低用量ピルで生理周期をコントロールしている方もいるそうです。

また、低用量ピルは月経の量が減り、生理が軽くなったり貧血を防いだりするとも言われています。月経困難症や過多月経といった病気の治療に使用されたり、月経の痛みが強い女性が服用したりする場合もあります。月経痛には鎮痛剤が処方されることもありますが、月経痛が強い女性は子宮内膜症にかかりやすいとも言われています。

低用量ピルは月経の痛みを抑えるだけでなく子宮内膜症の予防や治療もできるので、月経痛の方には将来の妊娠のためにも低用量ピルが推奨されています。低用量ピルは妊活だけでなく月経痛でお悩みの女性にもオススメですので、月経で悩んでいる方は婦人科や産婦人科を尋ねるのもいいかと思います。

葉酸サプリとピルの飲み合わせは?

妊活にはとても有用な葉酸サプリと低用量ピルですが、この二つの飲み合わせは基本的にはよくないと言われています。低用量ピルの成分が葉酸の吸収を妨げてしまい、葉酸サプリの効果を弱めてしまうのが理由となっています。

葉酸サプリと低用量ピルを掛け合わせると効果が高そうだと考えてしまいますが、飲み合わせはよくないのでやめたほうがいいでしょう。しかし、生理不順などでやむを得ず低用量ピルを飲んでいる場合は、葉酸サプリと低用量ピルを飲む時間をずらすことで葉酸サプリの効果を弱めないようにすることができるようです。

葉酸サプリを使用することをかかりつけのドクターに話して、いつ飲めば問題ないかなどを確認すると安心です。

葉酸サプリの選び方

葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型の2種類があり、ポリグルタミン酸型の方が体への吸収率が低くなっています。パッケージを確認して、モノグルタミン酸が使用されている方を選びましょう。葉酸サプリは1日1錠でいいタイプや1日複数回に分けるタイプがあります。

1日に複数回に分けて飲んだ方が体には吸収されやすいと言われているので、複数回に分けて飲むタイプを選びましょう。葉酸サプリは粒の大きさが大きめだったり、匂いが付いていたりするなど特徴があるタイプもあります。

葉酸サプリは妊娠中も飲むことが推奨されていますが、妊娠中は食べ物を受け付けなかったり匂いがダメという方もいます。なるべく小粒で無臭のタイプを選ぶといいでしょう。葉酸サプリには葉酸以外の栄養素が含まれているものもあります。

妊娠中は母体にも赤ちゃんにも多くの栄養が必要なので、鉄分やカルシウムなどなるべく多くの栄養素が入っているものがオススメです。葉酸サプリは妊活を始めてから赤ちゃんの授乳が終わるまでの長期間飲むことになります。

継続しやすいよう、なるべく安い物を購入するようにしましょう。

ピルの選び方

低用量ピルには21日分が処方されて1週間の休薬期間があるタイプと、28日分が処方されて毎日飲むタイプの2種類があります。21日分はいつから再開するのかを忘れてしまうという方もいるので、忘れてしまうかもしれないと不安な方には28日分がオススメとなっています。

28日分には7日分の効果がない偽薬が入っており、これを飲むことで休薬期間になります。